MENU

男性と女性の薄毛・抜け毛の違い

薄毛や抜け毛は、男性でも女性でも見られる症状ですが、実は性別によってその原因や対策法は大きく異なります。
今回は、このような男女の薄毛や抜け毛の違いをお話します。

 

男性の薄毛・抜け毛

男性の薄毛・抜け毛は主に次のような理由で起こります。一つは、男性ホルモンの影響です。男性ホルモンは、毛母細胞でジヒドロテストステロンという物質に変化します。これが薄毛や抜け毛の原因となります。男性ホルモンには、皮脂分泌を促進する働きもあるので、皮脂が増えた頭皮は皮脂や汚れの毛穴詰まりを起こし、これも薄毛や抜け毛の原因となります。男性の薄毛は、M字型やO字型などのような形で薄毛が進行します。

 

女性の薄毛・抜け毛

女性の薄毛・抜け毛も、男性と同じようにホルモンバランスの影響によって引き起こされますが、女性の場合は、女性ホルモンの影響を受けやすくなります。女性ホルモンは、加齢とともに徐々に減少していくものです。20代をピークとして、閉経に向けて徐々に減少していきますが、40代に入ると一気に少なくなります。

 

女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンが優位になり、結果、男性と同じように男性ホルモンの働きが活発されることが原因となります。もう一つの女性の薄毛・抜け毛の原因は、ヘアケアです。女性は、おしゃれ目的でヘアカラーやパーマをすることが多いです。これらは髪にダメージを与え、薄毛や抜け毛に繋がります。日常的なヘアケアもあります。頻繁にシャンプーをしたり、洗浄力の強いシャンプーの使用することも実は薄毛や抜け毛の原因となっています。

 

もう一つは、冷え性なども女性に多い薄毛・抜け毛の原因です。体の冷えは頭皮の冷えにも繋がり、頭皮の血行不順が原因となります。このように女性特有の理由により薄毛・抜け毛を起こすこともあります。女性の薄毛・抜け毛は男性のように髪の一部が薄毛になるのではなく、髪全体が薄くなることがほとんどです。髪が細くなり、髪の全体のボリュームが減少してぺしゃんとした印象になります。一方で、ストレスや生活習慣などは男女共通の理由です。

 

性別による薄毛・抜け毛の対策

このように男女で薄毛・抜け毛の理由が異なるので、その対策方法も違ってきます。最近、男女ともに一般的な薄毛・抜け毛の対策方法は育毛剤です。男性用の育毛剤は、男性ホルモンをコントロールすることで、薄毛・抜け毛を予防・対策していきます。

 

一方で女性の育毛剤は、女性ホルモンに働きかけるものや血行促進効果を狙ったものが多くなっています。そのため、できるだけ男性は男性用、女性は女性用の育毛剤を使ったほうが有効的です。女性が男性用育毛剤を使用すると、逆効果となったり、女性には使用できない成分が含まれていることもあるので、注意が必要です。

 

イチオシの女性用育毛剤、おすすめの女性用育毛剤ランキングはトップページでご紹介しています。ランキングはページ中ほどにあります。 どうしても選ぶのに悩んでしまう!という方は、「3問診断」!3つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った女性用育毛剤が見つかります。 トップページ右側の「3問診断」からどうぞ!