MENU

女性用育毛剤の主な有効成分

薄毛や抜け毛に悩む女性のために、近年では多くの女性用育毛剤が発売されていますが、そこで使われている有効成分には、一部共通して使用されているものもあります。そこでここでは、女性用育毛剤の主な有効成分について、お話していきたいと思います。

 

血行促進

まず最初は血行を促進する有効成分についてです。薄毛や抜け毛の原因の多くは血行不良と言われていますので、毛乳頭への血液量を増やすことによって髪を構成し、毛母細胞に必要なエネルギーや酸素を供給して、毛根の代謝を促進してくれる成分です。

 

頭皮が硬くなっている人や、頭皮の温度が低い人に特に有効な成分と言えます。具体的には、センブリエキス・ショウキョウチンキ・ニンニクエキス・塩化カルプロニウム・ニンジンエキス(トコフェロール)・ニコチン酸アミド・オリザノール・ミノキシジル等が該当します。

 

毛母細胞活性作用

次は毛母細胞を活性化する有効成分についてです。血行を促進しながら髪を作り出す毛母細胞に作用し、新陳代謝を高めてくれる成分です。髪にハリやコシがなく細い毛が多く、薄毛の気になる人に特に有効です。

 

具体的には、パンテノール・プラセンタエキス・アデノシン・ニコチン酸アミド・ペンタデカン酸グリセリド・t-フラバノン・チクセツニンジン・ビオチン・アミノ酸等が該当します。

 

殺菌作用

次は殺菌作用のある有効成分についてです。これらの成分には雑菌の繁殖を防いで頭皮環境を清潔に保ち、皮ふ常在菌のバランスを保ちながら、フケや痒みを防いでくれる働きがあります。頭皮が乾燥している人や、オイリー肌の人に特に有効です。

 

具体的には、塩化ベンザルコニウム・ヒノキチオール・塩化ベンゼトニウム・イソプロピルメチルフェノール・レゾルシン等が該当します。

 

皮脂抑制作用

次は皮脂抑制作用のある有効成分についてです。これらの成分には過剰な皮脂の分泌を抑制して、ベタつきや臭いを抑え、頭皮環境の悪化を防ぐ働きがあり、オイリー肌や乾燥肌の人に特に有効です。

 

具体的には塩酸ピリドキシン・ジエチルスチルベストロール・チオキソロン・レシチン・イオウ等が該当します。

 

抗炎症作用

次は抗炎症作用のある有効成分についてです。薄毛や抜け毛に悩んでいる人の中で、頭皮が赤くなっている人には頭皮が炎症を起こしている可能性があり、このような症状に特に有効な働きをします。とは言え、このような症状にならないためには紫外線や皮脂の酸化による、過酸化脂質の刺激や間違ったヘアケアをしないよう注意する必要があります。

 

具体的には、グリチルリチン酸ジカリウム・アラントイン・塩酸ジフェンヒドラミン・酢酸ヒドロコルチゾン・プレドニゾロン・シコンエキス・アズレン等が該当します。

 

保湿作用

最後は保湿作用のある有効成分についてです。この成分には頭皮の乾燥と頭皮トラブルを防ぐ働きがあります。具体的には、BG・加水分解コラーゲン・トレハロース・ヒアルロン酸Na・グリセリン・コンドロイチン硫酸等が該当します。

イチオシの女性用育毛剤、おすすめの女性用育毛剤ランキングはトップページでご紹介しています。ランキングはページ中ほどにあります。 どうしても選ぶのに悩んでしまう!という方は、「3問診断」!3つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った女性用育毛剤が見つかります。 トップページ右側の「3問診断」からどうぞ!