MENU

抜け毛・薄毛の原因は女性ホルモンにあり?

「男性ホルモン」、「女性ホルモン」という言葉は聞いたことはありますよね? 学校で保健体育で勉強するでしょうし、テレビでも健康系の番組を見ていれば聞いていると思います。
簡単に言うと、男性ホルモンは男性らしさを、女性ホルモンは女性らしさ。 実は女性の薄毛は、女性ホルモンが影響していると言われています。

 

女性が薄毛に悩み始めるのは、だいたい40代〜60代の間くらいかと思います。 この間の年齢というのはちょうど更年期と呼ばれる年代で、卵巣機能が低下して閉経を迎える前後の時期です。
この時期、実は閉経以外にも女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると言われています。このエストロゲンという女性ホルモンは、女性らしさを作り出すホルモンなのです。

 

卵巣から分泌されていますが、卵巣機能が低下することでその分泌量がぐっと減ってしまいます。髪は実はこのエストロゲンの分泌が多いほど、成長し、ハリやコシなどが出てくると言われています。 まだまだエストロゲンの分泌が多そうな20代くらいの女性の髪はとても豊かでキレイですよね。

 

ところが…です。 妊娠や出産、過激なダイエットなどをすると、髪が抜けたり、髪の一本一本が細くなるといった事が起こり始めます。実はこの妊娠・出産の時期や、過激なダイエットによって、エストロゲンの分泌が低下が原因です。

 

昨今では若い年齢の女性でも薄毛や抜け毛に悩んでいる人が非常に多いです。 社会に出てストレスを受け、生活習慣が乱れ、食生活が乱れます。 睡眠も十分でない日々。 そんな毎日を過ごしているとホルモンバランスが崩れます。

 

更年期以降は卵巣機能の低下によってどうしてもエストロゲンの分泌が低下する為、抜け毛や薄毛は起こりやすくなります。 これを防ぎたい!ということであれば、大豆製品などを多めに食べてみることをお勧めします。ダイスイソフラボンという植物性エストロゲンのの効果が期待できます。

 

 

イチオシの女性用育毛剤、おすすめの女性用育毛剤ランキングはトップページでご紹介しています。ランキングはページ中ほどにあります。 どうしても選ぶのに悩んでしまう!という方は、「3問診断」!3つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った女性用育毛剤が見つかります。 トップページ右側の「3問診断」からどうぞ!