MENU

女性の髪が細い原因

髪の毛が細くなると薄毛や抜け毛になりやすくなります。一般的に髪が細くて柔らかいタイプの人は薄毛や抜け毛になりやすく、太くて硬い髪の人は白髪になりやすいと言われています。そのため、髪の太さや硬さ薄毛や抜け毛とも大変関連があります。特に女性の場合、男性に比べてもともとき髪が細いので、髪が細いことで薄毛や抜け毛が起こりやすいです。
今回は女性の髪が細くなる原因についてお話します。

 

女性はもともと髪の細い人が多い

女性の毛が細くなるのは、主2つのタイプがあります。一つは、生まれつき髪の毛が細くなる遺伝要因です。このようなタイプの人は、猫毛といわれるような髪質で、髪のボリュームがなく、ペタンとした髪の印象があります。生まれつき髪が細いのは、毛穴が細いので、それ以上髪が太く育つことはありません。そのため、もともと髪が細いタイプの人はダメージヘアになりやすく、薄毛や抜け毛を起こしにやすいです。特に、女性にはこのような髪質の方が多いです。

 

加齢の影響

女性で多いのが加齢の影響です。女性は加齢とともに、女性ホルモンが低下していきます。女性ホルモンは、20代をピークに30代ごろから徐々に減少して、閉経に向かってどんどん低下します。女性ホルモンに含まれるエストロゲンは、髪の主成分であるコラーゲンを生成する働きがあります。このエストロゲンが加齢とともに減少すると髪の生成が行われなくなります。そして中高年になり女性ホルモンが減少すると男性ホルモンが優位に働くようになります。

 

男性ホルモンは、抜け毛や頭皮の皮脂の分泌を促進する働きがあります。このように多くの中高年女性が経験する髪が細くなる原因は、ホルモンバランスの影響によるものだと言えます。

 

乱れた食生活が抜け毛を招く

そして、遺伝以外の要因として、食生活の影響があります。髪が細くなるのは、髪の成長に必要な栄養素が髪に十分行き届かなくなることもあります。普段の食生活で、髪の成長に必要なタンパク質や銅や亜鉛など髪の生産工場である毛乳頭に補われないと、頭皮の細胞分裂が行われず毛乳頭が小さくなっていきます。結果、頭皮は不健康な状態となり、強く丈夫な髪が育たなくなります。これが髪が細くなる原因です。

 

パーマやヘアカラーの影響

そしてもう一つはパーマやヘアカラーの影響です。パーマやヘアカラーに含まれる薬品は髪にダメージを与え、髪を細くする原因となります。パーマ液に含まれる薬品は、髪のケラチンを切り離し熱を加えることで、髪の強度が落ちて弾力を失うと、弱くて細い髪になります。ヘアカラーの成分にも強い染色効果のある成分が含まれています。ヘアカラー液の成分は、髪のキューティクルを破壊してカラーリングしていくので、これも髪にダメージを与え細くする要因となります。

イチオシの女性用育毛剤、おすすめの女性用育毛剤ランキングはトップページでご紹介しています。ランキングはページ中ほどにあります。 どうしても選ぶのに悩んでしまう!という方は、「3問診断」!3つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った女性用育毛剤が見つかります。 トップページ右側の「3問診断」からどうぞ!