MENU

帽子でハゲる?

多くの方が抱く帽子とハゲに関する疑問として、帽子はハゲに良いor悪いということではないでしょうか。今回は、このような多くの方が持つ疑問についてお話していきたいとおもいます。

 

帽子がハゲルと言われるのはホントです

帽子がハゲに繋がるというのは、やはり本当です。その理由としては、次のようなことがあります。一つは、帽子をかぶるとどうしても帽子内がムレやすくなるので、頭皮が不衛生になってしまいます。温度が高まった帽子をかぶった頭皮や汗や皮脂が出やすくなります。そして汗の成分や汚れが毛穴に詰まると、頭皮トラブルの原因となります。

 

もう一つは、帽子をかぶっている部分で頭皮が締め付けられると皮脂に刺激を与えることになります。その結果、頭皮にダメージを与えたり、頭皮の血流が悪くなります。すると、毛根に髪の成長に必要な栄養が行き届かなくなり、髪は弱く不健康に育ち抜け毛に繋がりやすくなります。よくお仕事などで毎日長ヘルメットなどをかぶっている人がハゲやすいのはこのためです。

 

帽子がハゲに良い効果があるのもホントです

一方で、帽子がハゲに良い効果があるのも本当です。たとえは、真夏の暑い日に帽子をかぶらずに長時間外にいると、紫外線の影響で乾燥して、髪はダメージヘアになります。紫外線で乾燥した頭皮はトラブルを起こし、髪が抜けやすくなります。

 

それから冬場に帽子をかぶることは、頭皮の冷え帽子や血行不良の予防にもなります。冷たい外気に触れて頭皮が固くなると、髪にも良い影響がありません。帽子で頭皮を冷えないようにするのは抜け毛や薄毛予防になることもあります。

 

ハゲにならない帽子の選び方とかぶるポイント

このように帽子は、一方ではハゲル原因となり、もう一方では抜け毛や薄毛予防にもなります。帽子は外部の刺激から頭皮や髪を守り、冷えを防止する大切なものです。そのため、ハゲという観点で帽子を考えるなら、帽子の選びやかぶり方が大切といえるのです。

 

まず、帽子選びで大切なことは、通気性の良いものを選ぶことです。素材は、メッシュなど、UVカット素材や紫外線吸収剤使用のものがおススメです。そして色は、紫外線をカットできる黒色の帽子が良いでしょう。白は、熱を上げないので熱中症予防には良いのですが、紫外線カットの点ではあまりカット率が高くありません。そしてつば付きのものであればより紫外線をより防ぐことができます。

 

一方で、なるべく避けたい帽子としては、ニットなど熱や水分を溜め込むものです。そして目が粗いものは、通気性は良いのですが、紫外線をカットしない面があります。帽子のかぶり方としては、できるだけ室内では帽子を脱ぎ外しをして、たとえ帽子をかぶる場合でもできるだけ通気性良く保つことが大切です。

イチオシの女性用育毛剤、おすすめの女性用育毛剤ランキングはトップページでご紹介しています。ランキングはページ中ほどにあります。 どうしても選ぶのに悩んでしまう!という方は、「3問診断」!3つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った女性用育毛剤が見つかります。 トップページ右側の「3問診断」からどうぞ!