MENU

20代の薄毛・抜け毛の原因と対策

女性の薄毛や抜け毛は加齢によってなるもので、若い間は関係のないことと捉えられがちですが、例え若くても外的な要因によって抜け毛や薄毛になることは、決して珍しいことではなく、実際に若くても薄毛や抜け毛に悩んでいる女性は少なくありません。

 

そこでここでは、20代女性の薄毛・抜け毛の原因と、抑制や予防のための対策についてお話していきたいと思います。

 

原因としてまずあげられるのは、食事制限や断食等による極端なダイエットです。身体に負担のかかるような極端なダイエットによって、栄養が頭皮や髪の毛に届かなくなるからです。飲食物から摂取した栄養は、生命維持に必要な臓器に優先的に送られますから、頭皮や髪のためにタンパク質を賄うことが出来なくなるのです。

 

食事の量が少ない或いは食べないということは、栄養を摂らないということでしかなく、その様な方法はダイエット法としても間違っています。ですので、そうしたダイエットによって、数カ月で異常に大量に毛が抜け、また極端な糖質制限ダイエットをしますと、休止期脱毛となって髪が根元から、やはり大量に抜ける場合もあるのです。そして栄養不足によって筋肉も落ち、新陳代謝機能の劣化と毛母細胞の分裂への悪影響を招くため、良いこと等1つもありません。

 

次にあげられるのは過剰なストレスです。これは男女問わず20代になりますと、多くの人が新社会人となって急にストレスの多い環境に置かれることが影響しています。過剰なストレスは自律神経のバランスを崩し頭皮の血行を悪化させ、亜鉛の大量消費により髪の成長が鈍り、中には白髪が増えてしまう人もいます。

 

またアドレナリンの過剰分泌によって、頭皮の皮脂が通常の皮脂より毛穴に詰まりやすい過酸化脂質になるため、より抜け毛を増やす原因になってしまうのです。次にあげられるのは睡眠不足で、これは日中外部から受けた髪や頭皮のダメージを改善されにくくし、髪の成長に欠かせないホルモンが減って、髪が細く抜けやすくなることによるものです。またピルの一定期間の使用と急な中止も、女性ホルモンの分泌量が変わって、抜け毛や薄毛の原因になります。

 

次にあげられるのは、髪型やスタイリング剤の使用との関連です。三つ編みやポニーテール・エクステ等の髪型は頭皮や髪に強い負担をかけ、分け目が序々に薄くなって地肌の露出を増やしてしまう場合もあります。これは牽引性脱毛症と呼ばれ髪が細くなって抜け毛が増加し、切れ毛や分け目が目立つようになるのが特徴です。こうならないためには、界面活性剤を含むワックスやスプレーの使用を控え、時々髪に水分を与えて元に戻すようにするのが、1つの予防策です。

 

また洗髪後に髪の中央に分け目がある場合、両サイドの髪の根元から先に乾かすようにしましょう。毛先から先に乾かしますとクセがとれにくくなります。特に分け目付近はよく乾かすようにし、前髪は濡らしてから両サイドから先に、左右の前髪を中央に流すように乾かして分け目をほぐすようにしてください。

 

その他にも栄養バランスのとれた食事を3食キチンと摂ることや、過剰喫煙や飲酒を止めストレスを発散する方法を持つこと、どんなに遅くなっても午前2時までには床につき、天然植物性低刺激のアミノ酸系の無添加無香料のシャンプーによる正しい洗髪によって、薄毛や抜け毛は抑制され予防することが出来ます。20代の薄毛や抜け毛の原因の多くは、髪に良くないことをすることによってなることが多いので、それらの行為を全て止めるか緩やかにするだけで、症状は改善されるはずです。

 

 

イチオシの女性用育毛剤、おすすめの女性用育毛剤ランキングはトップページでご紹介しています。ランキングはページ中ほどにあります。 どうしても選ぶのに悩んでしまう!という方は、「3問診断」!3つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った女性用育毛剤が見つかります。 トップページ右側の「3問診断」からどうぞ!