MENU

30代の薄毛・抜け毛の原因と対策

ここでは、30代女性の薄毛・抜け毛の原因と対策について、お話していきたいと思います。30代はまだ若いし、薄毛や抜け毛の心配をするのは早いのではないかと思われるかもしれませんが、現実に30代女性でも薄毛や抜け毛が酷くなっている人がいることを考えれば、決してまだ早いとは言えないからです。

 

10代20代の時には平気だった薄毛や抜け毛が、30代になってから気になりだすということも、十分有り得ます。その原因としては、ダイエット・ストレス・ヘアスタイル・洗髪等の外的要因の他に、頭皮環境の上では、30代になったことによる老化の影響があります。30代で老化と言われてもピンとこないかもしれませんが、これは体全体に言えることなのです。

 

30代女性の毛髪に関しては、まず毛乳頭(髪の毛の根元)の衰えによる栄養不足が考えられます。但しこれには個人差もありますし、遺伝的なものもあります。また性別や年齢を問わずあるストレスでは、社会人である場合30代になりますと、仕事の上で責任を持たされることが多くなって役職についたり、プロジェクトのリーダーになったり、会議への出席が増える等、ストレスを感じる機会が増えることで、薄毛や抜け毛の原因につながりやすくなります。また結婚して子供が生まれますと、家事や育児との兼ね合いや心身の疲労によって、ストレスがたまりやすくなって自律神経のバランスが乱れ、薄毛や抜け毛につながりやすくなります。

 

20代の頃と同様、ヘアカラー・ヘアワックス・ヘアスプレー等の使用も、過剰な使用をしてしまいますと、キューティクルが壊れて水分を壊す働きが鈍るため、薄毛や抜け毛の間接的な原因になります。髪を引っ張ってまとめる髪型や、洗髪のし過ぎ及び濯ぎ残し、極端な食事制限や断食によるダイエット、パーマ・カラーリング・エクステ等も、原因となることがあります。いくら若いと言っても、20代の間の勢いでは出来ないのだということを、頭皮や髪の毛に関しても意識して欲しいのです。

 

薄毛・抜け毛を自力で抑制或いは予防するためには、まず飲酒・喫煙をしている場合には、ある程度制限する必要があります。タバコに含まれるニコチンには体の血管を収縮させ、それによって血行が悪化して、髪に必要な栄養が不足しがちですし、アルコールは利尿作用がありますので過剰に摂取しますと、体内に必要な水分まで排出させて脱水症状を起こしかねず、頭皮や髪の毛のためにもならないからです。

 

次に食生活についてですが、脂ものや高カロリーの飲食物ばかりを食べていますと、頭皮から分泌される皮脂が増加して毛穴をふさぎ、薄毛や抜け毛の原因になりますから、どの栄養素にも偏らないよう、肉・魚・野菜・大豆製品・発酵食品・海藻類・炭水化物・果物等の食材を、バランスよく摂取する必要があります。また睡眠不足も頭皮や髪の毛にはよくありませんので、どんなに遅くても午前2時までには寝るようにしましょう。

 

そしてウォ―キングやストレッチ等の有酸素運動を適度に行うことは、頭皮の血行を良くしますしストレスの解消にもなって、薄毛や抜け毛の予防にもなります。また夜型の生活は体内時計を乱し、食生活も不規則になりがちですから、頭皮や髪の毛にいいことは何もありません。極力朝型の生活のリズムに戻せば、体調も良くなりますし、頭皮や髪の毛にもいい影響を与えるはずです。

イチオシの女性用育毛剤、おすすめの女性用育毛剤ランキングはトップページでご紹介しています。ランキングはページ中ほどにあります。 どうしても選ぶのに悩んでしまう!という方は、「3問診断」!3つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った女性用育毛剤が見つかります。 トップページ右側の「3問診断」からどうぞ!