MENU

40代女性の薄毛〜見た目年齢を5歳若くする方法

40代の女性にとって、髪の老化は老けて見える大きな要因です。そして老化が表れやすい場所の一つが頭髪ですので、早めに対策をして見た目の若返りを心がけたいものです。
今回は、40代で老けて見えないように薄毛対策の方法をご紹介します。

 

見た目年齢は髪の印象で決まる

見た目年齢に大切なのは髪型や髪の印象だということをごご存知でしたでしょうか。肌や着るものは、老けて見えないように気を配っていても、髪型が決まっていないと一気に老けて見えてしまいます。髪の印象はとても大切なので、老けて見えないように、しっかりと整えておくことが大切です。

 

40代を超えて髪に訪れる変化は、ハリ、コシ、ツヤがなくなることや、ボリュームダウンなどです。これらはすべて老けた印象の原因となりますので早めの対策が必要です。

 

40代で始める薄毛ケア

40代になって薄毛が進行するのは、女性ホルモンの影響のためです。女性は、40代に入るとどんどん女性ホルモンが減少して、50才前後の閉経に移行していきます。女性ホルモンの影響で、育毛や美しい髪を保つ働きが弱まり、髪のボリュームダウンや髪質の劣化などに繋がります。そこで40代に入ったら、まずは状態が悪化しないように早めに薄毛対策をしておくことが大切です。

 

40代の薄毛対策で大切なのが、少しずつ毎日できることを習慣化していくことです。そこで、40代に入ったらおススメの薄毛ケアとして、頭皮マッサージや頭皮ツボ押しなどがあります。頭皮マッサージやツボ押しは頭皮の血行を高め、抜け毛を防ぐことに繋がります。薄毛が40代で悪化しないように、1日2回、朝夕繰り返すことで、50代以降の薄毛に進行しにくくなります。

 

頭皮マッサージの時に、育毛剤や育毛ローションなどを併用するとさらに効果が高まります。育毛剤なんて中年のものだ、まだそれほど症状が進んでいるわけではないので少し早いと思われているかもしれませんが、実はそれが大きな落とし穴です。確かに、40代の薄毛は一時的な症状である場合もありますが、ケアを怠るとそのまま50代の薄毛に進行していきます。そのため、早めに対策をして症状を回復させておくことが重要です。そして毎日の生活の中で薄毛ケアを取り入れることも重要です。

 

薄毛に良い食品を摂ることが最も有効な薄毛ケアです。薄毛にはビタミンやミネラルを豊富に含んだ食品や、髪の主成分となるたんぱく質を含んだ食品が有効です。そして、抜け毛や薄毛に繋がる脂っぽい食事や糖分の多いものは控えバランス良い食事を摂るようにしていきましょう。緩やかな育毛ケアを毎日続けていくことが40代の薄毛ケアには最も大切です。

 

イチオシの女性用育毛剤、おすすめの女性用育毛剤ランキングはトップページでご紹介しています。ランキングはページ中ほどにあります。 どうしても選ぶのに悩んでしまう!という方は、「3問診断」!3つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った女性用育毛剤が見つかります。 トップページ右側の「3問診断」からどうぞ!