酵素ダイエットでリバウンドしてしまう人ってこんな人

▼ ベルタ酵素の詳細・購入はこちら ▼

ベルタ酵素ドリンク

 

ダイエットを決意する女性

酵素ダイエットは自宅で誰でもすぐに始められることから、他の方法に失敗して挫折した人でもチャレンジして成功したという話はよく聞きますが、それでもリバウンドをして失敗してしまう人もいます。

 

そこでここでは、どのような人がリバウンドをしてしまうのかについて、お話していきたいと思います。

 

リバウンドをしてしまう直接的な理由としては、ファスティング(断食)中に空腹に耐えられずに間食をしてしまったり、断食中は我慢出来ても、断食が済んだ途端にドカ食いをしてしまうということがあげられます。

 

全く運動をしなかったという理由で、リバウンドしてしまう人もいるそうです。

 

断食中の飢餓感や空腹感が、苦痛であったことの反動から、自制心が働かなくなってしまうことが原因だと思われます。

 

酵素ドリンクには、空腹を抑えられるような栄養成分が多く含まれているのですが、酵素ドリンクのみですと、普段の食事のような満腹感を得ることは難しいです。

 

事前に食欲抑制効果に過度に期待をしてしまいますと、ダイエット中にも空腹感を感じやすくなってしまうのだそうです。

 

但しこれは、1食或いは2食のみを置き換えるダイエットの場合には、あまり感じないものと思われます。

 

しかし断食をしている人でも、酵素ドリンクを炭酸水・牛乳・野菜ジュース等、お腹にたまりやすい飲み物で割って飲んでいる人は、リバウンドなしでダイエットに成功していますので、原液のみ或いは水で割って飲むよりは腹持ちがよく、飢餓感や空腹感を感じずに、ダイエットを出来ている確率が高いようです。

 

また例えドカ食いをしなくても、すぐ普段通りの食事に戻しても、やはりリバウンドしやすいと言われています。

 

胃腸を除々に慣らしていくためにも、もし3日間のダイエットを計画していたなら、ダイエット後の3日間は回復食を食べる期間にあて、消化のいいおかゆ・野菜スープ・お蕎麦等軽い食事中心にするとよいでしょう。

 

この回復食をする期間も含めてダイエットをする期間だと考えれば、リバウンドなしにダイエットを成功させやすくなると思います。

 

またダイエット中に全く運動をしなかった人については、最初にお話したように、少しでも運動を取り入れた人よりはリバウンドしやすくなります。

 

運動不足になりますと筋肉の量が落ち基礎代謝が低くなってしまうためで、筋肉が少ないと、それだけ太りやすい体になってしまうのです。

 

ダイエット前の食事の平均的なカロリーが、自分の消費カロリーを上回っていますと、ダイエットで一時的に痩せたとしても、直後にすぐ普段通りの食事に戻してしまえば、やはりリバウンドしやすいです。

 

断食中の運動は厳しいかもしれませんが、最低でも置き換えダイエット中には軽い体操やウォーキング等の、ハードすぎない有酸素運動をするだけで、消費カロリーが食事のカロリーを上回りますので、リバウンドなしにダイエットを成功させることが可能です。

 

毎日運動をする習慣を身につければ筋肉もつきますから、よりやせやすく太りにくい体質に改善することが出来ます。

 

▼ ベルタ酵素の詳細・購入はこちら ▼

ベルタ酵素ドリンク

ダイエットが続かない人の特徴

ダイエットをしている女性、或いはダイエットをしたいと思っている女性は大勢いると思います。

体重に乗る女性

 

しかし、その中にはダイエットが続く人と続かない人とがいます。

 

ダイエットは続けられるに越したことはないのですが、どうしても続けられない人もいます。

 

そこでここではダイエットが続かない人の特徴について、お話していきたいと思います。

 

満足感を得られない人

まずは、食事をしていても中々満足感が得られない人です。

 

満足を得るまで食べていれば、食事の量は増えていきますから痩せないのは当然です。

 

栄養素不足

丼ものやカレー・パスタ・麺類等の単品が多く、野菜のおかず等に含まれる他の栄養素が不足している人や、毎日の食事の量にバラつきがある人です。

 

自分の毎日の食事の量を把握しておらず、記録も管理出来ていない場合も、ダイエットは継続しにくいと思われます。

 

運動不足

運動の側面から言いますと、毎日の通勤・通学等の移動に車・バス・電車等の乗り物だけを使い、屋内に階段とエスカレーター・エレベーターがあると、いつもエスカレーター・エレベーターを使い階段を使わない人や、休日に何処にも出かけず運動もせず、ゴロゴロしているのが好きな人も、ダイエットは長続きしそうもありません。

 

不規則な生活

生活習慣の側面から言いますと、常習的に夜更しや朝寝坊を繰り返している等、生活のリズムが不規則で食事の時間が、いつもバラバラな人があげられます。

 

その他・・・

  • 小腹がすくと、ついついお菓子や甘いもの等を食べてしまう人
  • 仕事などの都合で夜9時以降に夕食を食べている人
  • 寝る時間や起きる時間が日によってマチマチな人
  • 朝食を抜いている人

等も太りやすく痩せにくいため、ダイエットが続きにくいと思われます。

 

社会人になりますと、深夜の食事や飲み会等の付き合いを断りきれず、しかもそれをダイエットが出来ない言い訳にする人もいます。

 

それ以外ではダイエットを始めるにあたって、最初から高すぎる目標を立ててしまうことで、それがストレスやプレッシャーになって中々思い通りに痩せられず、悲観的になってしまう人がいます。

 

また酵素ドリンクやサプリやダイエットグッズを活用しても、食事・運動・生活習慣の面で、今まで通りの不規則な生活を続けて人もいますが、これはそもそもダイエットとして成立していません。

 

またダイエットを頑張っていても時々息抜きをしたくなって、つい食べ過ぎてリバウンドをしてしまうという人が多く、ダイエットが続かない人の代表的な特徴の1つと言えます。

 

その他には体重計で毎日体重を計って記録したり、全身の映る鏡でチェックしたり、メジャーでウエストやヒップを計ってチェックをする等の工夫を何もしない人も、ダイエットを続けるモチベーションは維持しにくいのではないでしょうか。

 

まとめると…

  • とにかく何事にも飽きっぽく集中力の続かない人
  • ダイエットに関する情報に踊らされ、確かな情報と不確かな情報の見分けがつかない人
  • レアな成功例と自分とを比較して、自分があまりにも成果をあげられていないと不満を持ってしまう人
  • ストレスを溜めやすく上手く発散出来ない人
  • 食事の量を減らせばいいと思っている人
  • いつも同じものや甘いものばかり食べる習慣等が止められない人

も、ダイエットは続きにくいと思われます。